2018.05.22 Tuesday 09:36

映画『クソ野郎と美しき世界』を見た その4 もう一人のゴローさん

この映画は、稲垣さんと、香取さんと、草さんが、瀕死の床で見た夢、

と解釈するとどうなるか。

 

たとえばエピソード1のゴローさん。

稲垣さんがピアニストになった夢を見た。

ベートーベンを弾きまくるゴローさん。

そりゃあ、そんな夢も見るでしょう。

ベートーベンの役を舞台で演じ切っていたわけだから。

 

でも、実はこのエピソードの真の主役はフジコ。

ゴローがあげた合図の花火を見て、ゴローのもとにひた走るフジコ。

「愛してる〜!」と叫び続けながら、

追われて、追われて、追われて、追われて。

 

いや、だから、フジコは、もう一人のゴローじゃないの?

 

何かに追われて、切迫した精神状態でいる自分、

ピアノを弾きながら、自分語りをする自分。

 

それでいうなら、

極道の妻のようなカンナも、

リケジョのスプ博士も、

文学少女のマコも、

 

全部もう一人のゴローじゃないの?

 

だったら、この3人が意味なく登場するのも、納得だし、

稲垣吾郎さんの深層心理に分け入ったようで興味深い。

 

愛してる〜と自己愛をさらけ出しつつ、

実はもっと別のところに別の形の自分もいると。

 

(すみません、稲垣さんが本当に見た夢ではないことは、わかっています)

 

では、フジコ=ゴロー(稲垣吾郎)を追いかける

大門やジョーは誰なのか?

異常な嗅覚を持つ、異形な、若頭=大門

その大門の手下、ジョーとは?

 

ま、そのあてっこゲームはともかく。

 

エピソード1は、

大門が、ピアニスト・ゴローの5本の指を叩き潰そうとして、終わるわけです。

 

5本の指が象徴するものが何かは、

映画館に足を運んだほとんどの人にとって自明。

 

もちろん、SMAPです。

 

つまり、「SMAPどうなる?」のいいところで、ゴローさんの夢は終わっているわけです。

 

はい。

 

5本の指がどうなっているかは、エピソード4で明らかになりますね。

 

続く

  • - | - | - |

<<new | 1 / 572pages | old>>
 
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
LINK
CALENDAR
PROFILE
MOBILE
SEARCH
OTHER
PR

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.